オイリー肌だとニキビが出来やすい?原因と対処法について!

 

オイリー肌、いわゆる油脂症肌はニキビが出来やすい状態となっています。通常よりも皮脂分泌が多い肌質で、乾燥はし辛いものの、べたついているのが特徴です。

そして、角質層にある肌本来のバリア機能が弱まっているため、その機能低下を補おうと表面の保護膜を過剰に張っているのです。

なぜ、オイリー肌だとニキビが出来やすいのかというと、アクネ菌という肌にいる常在菌に理由があります。

アクネ菌は日頃、毛穴の中に住み着いており、皮脂をエサとしている菌です。皮脂が多い肌質だと、アクネ菌が増殖し毛穴の中で炎症が起こる事で、ニキビが出来やすくなります。

オイリー肌の人は、洗顔、洗髪後でも、顔や頭皮がすぐテカったり、べたついたり、毛穴汚れが目立つ等の悩みを抱えている方が多いと思います。

オイリー肌の人は、アクネ桿菌という細菌が、お肌表面や毛穴に溜まった皮脂を栄養にしているのでニキビが出来やすく、悪化し易い傾向にあります。

オイリー肌の原因は、遺伝や、ストレス、加齢、乾燥、男性ホルモンの過剰分泌によるもの等様々ですが、自分に適したケアを正しくする事で、肌の状態を改善することは可能です。

オイリー肌の人の中には、肌トラブルに日常的に悩まされている人が少なくないと言われており、適切な対処法をマスターすることが望まれます。

特に、ニキビの悪化を防ぐにあたり、洗顔フォームや保湿クリームなどの商品を用いることはもちろん、健康的な生活を心がけることが大事です。

オイリー肌の人にぴったりのニキビの対処法に関しては、ビタミンCやビタミンE配合の商品だと抗酸化成分が含まれているので、活性酸素から体を守りおがサビるのを自ら防いでいます。

また、ビタミンB群が脂肪分を正常に代謝するのを助ける働きがあるので、ビタミンCやビタミンE、ビタミンB群が豊富に含まれている商品を使ってニキビの対処をしましょう。